スポンサーリンク

コーヒーを作る手法と必要なモノ【作り方・道具紹介】

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

喫茶店で飲むコーヒーってとてもおいしいですよね。

そんな美味しいコーヒーが自宅で飲めたらどんだけ幸せなことか・・・。


そんな小さな夢を叶えるために、ドトールやスタバに売り出されている豆を

思わず購入したものの、コーヒーってどうやって作るんだろう・・・・?

調べてみたらいろんなものが必要で、豆だけ買っても

飲めない事に気がついた・・・・なんていう経験された方いませんか?


そうです、私がその経験者です・・・笑


こんな私のような犠牲者を増やさないためにも、自分なりにコーヒーの作り方、

必要なものなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

インスタントコーヒー

 ・手軽さ ★★★★★
 ・値段  ★☆☆☆☆
 ・難易度 ★☆☆☆☆

<準備するもの>
 なし

 <作り方>
  1.インスタントコーヒーをカップに注ぐ
  2.お湯を注ぐ
  3.出来上がり

 インスタントコーヒーは必要な器具もなく、お湯を注ぐだけで出来る

 一番手軽で 簡単な作り方です。

 個人的に家で作るコーヒーといえばコレでした。

ドリップコーヒー 

 ・手軽さ ★☆☆☆☆ 〜 ★★★★☆
 ・値段  ★★
☆☆☆ 〜 ★★★★☆
 ・難易度 ★☆☆☆☆ 〜 ★★★☆☆

<準備するもの>
 ・コーヒーミル(豆から挽く場合)
 ・コーヒーフィルター(一部不要)
 ・コーヒードリッパー(一部不要)
 ・コーヒーメーカー(自動で作る場合)

ドリップコーヒーは色々な形で売られており、それぞれで作り方が異なります。

買い間違えしやすいので注意しましょう。

コーヒー豆タイプ

 コーヒー豆の状態(挽く前の状態)で売られているものです。

 当然、このままでは飲めるコーヒーにはなりません。


 <作り方>
  1.コーヒーミルを使用して豆を粉状に磨り潰す
  2.コーヒーフィルターをドリッパーにセットして、粉のコーヒーを注ぎ入れる
  3.2にお湯をそそぐ
  4.出来上がり


 豆から挽く場合、コーヒーミル・コーヒーフィルター・コーヒードリッパーの

 3つが必要となります。

 準備するものが多い為、本格的なコーヒーが飲みたいと考える人以外は

 オススメしない方法です。



 しかし、最近ダイソーでこれら必要な機材も売られてきているので、

 以前より敷居が低くなっていると思います。

 私もコーヒーミルを初めて使ったのがダイソーの品で、

 以下リンクで紹介していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

 【これはすごい】ダイソーの手挽きコーヒーミル(500円)

粉末タイプ

 コーヒーミルで挽いた後の状態で売られているものです。

 正直、これとインスタントコーヒーをよく間違えていました(笑)


 <作り方>
  1.コーヒーフィルターをドリッパーにセットして、粉のコーヒーを注ぎ入れる
  2.2にお湯をそそぐ
  3.出来上がり


 豆のコーヒーと比べると、ミルで挽く工程がない分、工程が一つ少なくできます。

 また、これでも十分に本格的なコーヒーを味わうことが出来ると思います。

粉末タイプ(コーヒーフィルター一体型)

 ②の粉末タイプにフィルターがセットになった、一杯分使い切りタイプなのが特徴です。

 この形状は、インスタントコーヒーに次いで簡単なものが特徴です。


 <作り方>
  1.カップにフィルターをセットする
  2.2にお湯をそそぐ
  3.出来上がり


 カップにセットしてお湯かければ飲めるので、最近までよく使用していました。

 袋を開封したときのこうばしい香りが好きです(笑)

自動生成タイプ

 今までの紹介とは少し方向性が異なりますが、コーヒーメーカーを購入すれば、

 全自動でコーヒーを飲むことが出来るようになります。


 ただし、準備すべきものが豆なのか、粉なのか・・・要はコーヒーメーカー側にミル機能が

 ついているのかどうかによって準備するものが変わりますので、注意が必要です。

準備すべきものフィルター要フィルター不要
ミル機能あり豆のコーヒー
コーヒーフィルター
豆のコーヒー
ミル機能なし粉のコーヒー
コーヒーフィルター
粉のコーヒー

 コンビニでコーヒーを作る時に使用しているのはミル機能つきのコーヒーメーカーですね。

 その場で豆を挽いてコーヒーを抽出していますので香りとともに美味しいコーヒーが出来るわけですね。

カプセル式コーヒー

 ・手軽さ ★★★★☆
 ・値段  ★★★★★
 ・難易度 ★★☆☆☆

<準備するもの>
 ・専用カプセル
 ・専用マシン

 各メーカーごとの専用マシンに専用カプセルを装填して抽出するタイプのもの。

 中にはただのコーヒーだけでなくラテやカプチーノなどのドリンクなどが

 楽しめるマシンもあり、クオリティはかなり高い。


 その代わり、専用マシン等にコストがかかる為、選ぶ時は慎重に選ぶようにしよう。

まとめ

 3つの種類のコーヒーについて、まとめてみました。

 種類によってコストや手間などが全然変わってきますので、

 自分に適切なコーヒーはどんなタイプか、今一度考えてみるといいかもしれません。


 それではまた、アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました