スポンサーリンク

【長き戦い】洗濯物生乾きとの戦い

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

2020年の梅雨、もはや過去の話にはなりますが、とても長かったですよね。

7月末まで雨ばかりで、部屋干しの洗濯をする回数が増え、

生乾きだったり、しっかり乾いたバスタオルでも風呂上がりなのに臭かったり・・・。

そんな経験したことありませんか?


我が家もそんな例にもれず、今まであまり対策をしていなかったので、

ものによっては、かなり臭ってしまってゲンナリ・・・なんてこともありました。


よく、柔軟剤に「部屋干しの臭いとります!」みたいな宣伝しているものって

結構ありますよね。あれを完全に鵜呑みにしてそういうタイプの柔軟剤で

臭いとれるものだと信じて疑いませんでした。


しかし、実家のタオルでそういう臭いしたことなかったな・・・何か対策してるんだろうな・・・。

という考えから、ネットを色々検索すると、原因と対策が簡単に出てきました。

スポンサーリンク

原因:生乾きは「雑菌」が繁殖していることで発生する!

確かに、だいたいクサいのって、雑菌だったりしますよね。カビだって雑菌ですし、靴が臭うのも雑菌ですし。


要はこの「雑菌」を死滅させれば臭いは解消するんです!

と、簡単に言ってみましたが、何すればいいの?となりますよね。


冒頭で書いた部屋干し用の柔軟剤をつかう?

どうやら違うようです。


部屋干しタイプの柔軟剤は「臭いがつきにくくするもの」程度に思ったほうが良いようです。

つまり、すでに臭いがついているようなものには効果が無いと思ったほうがいいです。


これは我が家での実証済の結果です。

雑菌をやっつけるには漂白剤を使うのが一番

雑菌対策に一番効果を発揮するのが「漂白剤に臭う洗濯物をつけ置きする」ことです。

我が家でもネットで評判の良さそうなこの商品を使ってみました。


Amazon オキシクリーン

簡単な使い方ですが、

 1.お風呂でシャワーを使って4Lのぬるま湯に対して付属のスプーン1杯を溶かし、洗濯物を浸す。
 2.そのまま数時間浸しておき、洗濯機で通常通り洗う

こんな感じです。簡単でしょ?

使ってみた感想

漂白剤を使う前と後では、柔軟剤の香りの付き方が全然違うのがわかります。

何で今まで使わなかったんだろうと思うくらいにニオイが取れたのが嬉しかったのを覚えています。


同じ悩みを抱えている人、是非試してみてください。

それではまた、アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました