スポンサーリンク

【自作で節約】マンガ本をスマホに取り込む(自炊)までに準備すべきもの(おすすめアプリ)

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

ふとした時に、昔買ったマンガをまた読みたいなと思ったこと、ありませんか?

私は実家にたくさんのマンガがあるので、たまに我が家に持ち帰ったりしていました。

でも、結構買ってから日が立っていて、しっかり日焼けした状態だったり、ホコリ臭かったり・・・。

私はハウスダストに弱いので、年季の入った本を読むと、たまにくしゃみが出たりすることがあり、

読みたいマンガも満足に読めないこともしばしば・・・。

そこで、スマホで見れるようにはどうすればいいかなと思い、色々調べてみることにしました。

一番シンプルな方法は電子書籍を購入することですが、それだと本で購入したものが無駄になってしまいます。

そこでたどり着いた方法は買った本を断裁してスキャンでデータとして取り込む方法でした。

スポンサーリンク

必要なもの

本を断裁してスキャンするには色々と必要なものが出てきます。

  1. スキャナー
  2. パソコン
  3. 断裁機
  4. スマホで見るためのアプリ

品質のいいものを選ぶとそれなりにお金がかかってきますので、

あとは機器のスペックをどこまで上げられるか次第で作業効率が大きく変わってきます。

必要なものの詳細については、以下に説明します。

スキャナー

【役割】:マンガの情報を読み取ってデータに変換するもの

マンガ本の情報をデータ化するもの、といえばいいでしょうか。

これは、値段の幅が結構広く、最新の高いものであれば3万〜4万とかします。

値段の違いは読み取るスピードの違いに比例します。


マンガ1冊って大体200ページ以上ありますので、スキャンする冊数が多ければ多いほどその差が出てきます。

私の場合

・安価なコンパクトタイプを使用
→読み取りスピードが早くない機種

30冊程度スキャンしてみた感想は以下の通り。

・スキャナー本体の値段は安価なものが多い
 (私はラクマで5,000円程度のものを購入)
・コンパクトタイプなので、未使用時にかさばらない

・スキャンのスピードが早くない
・スキャンする原稿をセット出来る量が少ない

結論から言えば、時間と手間がかかります。

なので、スキャンする量の多い方は是非高性能なスキャナーの購入をオススメします。

パソコン

【役割】:データの保管、スマホへの連携

パソコンはマンガをスマホに取り込む為の中継役のような位置づけだと思って下さい。

また、取り込んだデータはそこそこ大きなデータ量になるので、パソコンに保管しておくのが良いと思います。

パソコンはデータ保管が出来るくらいのハードディスク領域があれば、ハイスペックなパソコンは不要です。

私の場合

・安価な低スペックパソコンを使用
・ハードディスクは50Gしかなかった為、外付けハードディスク(2TB)を保存先として使用

上記内容でも不自由なくスマホ連携が出来ます。

断裁機

【役割】:マンガ本をカットするもの

断裁機はマンガ本を1枚1枚にカットするものです。

具体的には背ラベルから数ミリのところをカットしてバラバラにします。

マンガ本の厚み(約1.5cm)を一回でカットするにはそれなりにしっかりした断裁機を

準備する必要があります。

ガッツリしたものはこんな感じのものになります。

上記リンクを見て頂ければわかるとおもいますが、高い・デカイが特徴で、

しかも刃が消耗品なので定期的な交換が必要となります。

正直、購入することはオススメ出来ません。

私の場合

断裁機購入はコスパが悪すぎるので、以下を使用しています。
・カッター
・30cm定規
・カッティングマット(カッターの下敷き)

これで十分出来ます。手間はかかりますけどね・・・・。

スマホで見るためのアプリ

最後にデータを取り込んだ先のスマホで見る為のアプリについてです。

スキャナで取り込んだデータは基本的にPDFファイルでやり取りすることになります。

PDFを読み込みするアプリは様々ありますが、本を読んでいるように使えるアプリのがいいですよね。

PDFを読み込みするアプリは色々ありますが、一番使いやすいと思ったアプリはコレです。

誰でも無料で利用できるPDFビューアアプリ「SideBooks」  リンク先

ページをめくるのも本をめくるようなアクションがあり、使っててとても良いなって思ったアプリです。

是非試しに使って頂きたいです。

まとめ

家にたまった本の電子化には色々準備しなければならないものが多く、

なかなか踏み出せない人多いと思いますが、コストを安く済ませながらでもやっていけるので、

スペース確保のために是非やってみては如何でしょうか!

別の記事で実際のマンガ本〜スマホ取り込みまでを紹介しますので、そちらも良かったら

確認してみてください。

それではまた、アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました