スポンサーリンク

【ABCの歌】LMNOPが詰め込みすぎな件

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、ベッティトリオです。

最近うちの子供は「ABCの歌」をよく歌う様になりました。

自分も子供の頃に同じように歌っていました。ABCの歌!

「AーBーCーDーEーFーG!」
「HーIーJーKーLMNOP!」
…LMNOP!?

私の記憶では、「ABCDEFG」「HIJKLMN」「OPQRSTU」「VWXYZ」
この区切り方で歌ってた記憶があります。

今の曲調だと、LMNOPが大分詰め込みすぎてる感じがしませんか?

事実、我が子も歌いながら文字を指さしたりするのですが、
LMNOPの部分でどうしてもズレてきてしまい、後半で無理やり修正している状態です。

なぜもともとのテンポをあえて変更する必要があったのでしょうか。

ということで、そもそも自分が記憶している歌のテンポがそもそも存在していたのか含めて
色々調べてみました。

結論:ネイティブの発音に近づける為アメリカ版のテンポに変更されていた

もともと今のリズム(LMNOP)が正しいテンポだった様です。
親世代が認識していた歌は、「きらきら星」に合わせて歌っていたテンポの様です。

そして、LMNOPを短縮していうことで、ネイティブに近い発音が出来るみたいです。

幼少期から英語のニーズが高まっている昨今の事情があるからこそ今の歌のテンポになったのではないかなと思います。

と言うことで、我が子にはちゃんと覚えられるように親が頑張るしかないですねw

それではまた、アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました