スポンサーリンク

【結論】フライパンって結局どれも同じだよね

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、ベッティトリオです。

フライパン、料理には欠かせないものです。

ずっと使い続けていると、焦げ付いて食材がへばりついたりすることってありますよね。

フライパンの種類によっては、「〇〇加工でへばりつかない!」って謳い文句みたいに
良く聞きますよね・・・。

自分もそれを信じて結構いいものを買ったりしました。

でも、結局最後は焦げ付いて使い物にならなくなりました。

そりゃ、使用できる期間は普通のものより長く使えるんでしょうけど、
結局ダメになるなら、高いもの最初から買う必要ってなくないですか?

そう思う理由は以下の通りです。

・素材によっては重量があったりする
・安いものでもある程度の期間は使用できる(現在使ってる安物は2年以上問題なく使用中)
・買い換えることで気分転換(新しい気分で料理)ができる
・高いものを買ってすぐダメになると萎える

ぶっちゃけ、どっちにしてもダメになるなら、どれ買っても同じ。というのが結論です。

高くて重いフライパンを頑張って使っていくより、安く・軽いフライパンで
気軽に料理できた方が有意義だと思います。

どんなフライパン買って使っていくかは人それぞれだと思いますが、
最近の安いフライパンなら500円で結構品質良かったりしますよ!

安いフライパンはちょっと・・・と思っていた方、
是非一度試しに買ってみてはいかがでしょうか。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました