スポンサーリンク

家で外食しよう(感染と家計の抑止)

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

「家で外食」、矛盾してるけど感染リスクと家計を抑えられる秘訣

こんにちは、ベッティトリオです。

某ウィルスが猛威を振るっていますね。

ここまで広まっている原因って、外食が絡んでいると思っています。

我が家でもファミレスだったり、朝のコメダだったり、
前までは結構利用していましたが、今は一切を断つことにしました。

寄ったとしてもテイクアウトのみ、中で食事はしないようにしています。

そんなこと言ったって、外食したくなりますよね。

流石に、お店の味を再現となるとテイクアウト以外の方法って無いと思いますが、
それに近いものを家でやる程度であれば手軽にできるんじゃないかなと思います。

我が家でやっている例を挙げてみます。

スポンサーリンク

コメダのモーニング

パン屋で売っているホテルブレットを購入。
厚めに切ってマーガリン(バター)をたっぷり塗って、トースターでチン。
ゆで卵を作ってコーヒーと共に頂きます。

厚めのパンを食べればそれらしい気分を味わうことができます。

<メリット>
 比較的手軽な材料で再現することが可能。

<デメリット>
 朝ごはんなので、朝起きて色々やることが多く、
 作るのが億劫に感じてしまうと辛い。

CoCo壱のカレー

これはぶっちゃけ店頭販売されているレトルトを使用しています。
→ネットでも購入可能ですが割高です。

いろんなレシピサイトでCoCo壱風カレーを試して作ってみたのですが、
どれもパッとしない感じで、最終的にレトルトを食べることで落ち着きました。

加えてトッピングで食べたいものをスーパーのお惣菜コーナーや
自前で作っていく感じです。

チーズとほうれん草が好きなので、家でよくやっています。

あとは、贅沢にトッピングを4、5品くらいつけてみたり、
ご飯の量を自分の好みの量にできたり。

家で食べるからこそコスパ良く食べることができます。

<メリット>
 レトルトを使用するので当然再現性が高く、
 トッピングも自由に作れてコスパも良い

<デメリット>
 ルーの再現が難しいのでレトルトに頼る必要がある(調達が面倒)

焼肉屋

これは既に試されてる方も多いと思いますが、ホットプレートを使用した
焼肉パーティです。

お肉はもちろんですが、サンチュで巻いて食べたり、
卵スープを作ってみたり、野菜を切って一緒に焼いたり。

ホットプレートの使用用途の代表格ですよね。

<メリット>
 圧倒的にコスパが良い

<デメリット>
 部屋の至る所が焼肉くさくなる

中華料理屋

ラーメン、チャーハン、餃子、焼売、酢豚、回鍋肉・・・挙げればキリが無いので、
ラーメンと餃子に絞って紹介です。

ラーメンはもはやスーパーに行けば様々なラーメン屋さんの味が取り揃えられていますよね。

自分の好きなラーメン屋の商品を選べばいいと思いますが、個人的には味噌系ラーメン系で
具材はもやしと挽肉を炒めたもの+コーンが満足感もあり最高です。

餃子は同じようにスーパーに売っているものを始め冷凍食品にもあったりするくらい
様々な種類がありますが、個人的に中華屋のテイクアウトで調達しています。

<メリット>
 調達方法が多く、簡単に準備ができる。

<デメリット>
 作る際、ラーメンと餃子を並行して作ると結構忙しい。

まとめ

以上、結構メジャーどころばかりで真新しいことなかったかもしれませんが、
自粛が求められている昨今の状態をいかに楽しく乗り切ることができるかだと
自分は考えています。

外食ではなく家で外食気分を味わって、感染リスクと家計共に抑えていきましょう。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました