スポンサーリンク

モンスターペアレント・・・・?

過去ブログ記事
スポンサーリンク
Pocket

思いやりの心を忘れずに・・・

こんにちは、ベッティトリオです。

今日は、ありそうで無かったモンスターペアレンツ?が出現した出来事について
お話ししたいと思います。

その日は子供の英会話の授業参観日ということで、
Zoomで授業風景を覗くことが出来る日でした。

我が家でも自分の子供がどんな風に参加しているのか興味があり
拝見していたのですが、途中から男の子2人が喧嘩を始めて、
片方の男の子が画面外に連れて行かれました。

子供同士ではよくある話なので、仕方ないな〜と思いながら見ていました。

それ以降は特に変な出来事はなく、迎えの時間が近づいていたので、
見るのをやめて教室に向かうことに。

教室前に到着すると、誰かの話し声がしました。

先に着いた親御さんかな?と思ったのですが、聞いたことのある声。
それは、先生でした。

誰と話しているのか最初はわからなかったのですが、
会話の内容を聞くに、通っている子供の親が何やらクレームを入れている雰囲気でした。

話の内容を察すると、次のような内容でした。

 ・なんでうちの子と男の子が喧嘩になっているのか
 ・なんでZoomから見えないところに連れて行かれたのか

そんなような内容が聞いて取れました。

あぁ、さっきの件か・・・・と思い、聞き続けていると
お互いに気になっている女の子がいるようで、
そのことでよく喧嘩になったりしていると先生が話をしていました。

女の子との取り合いか(笑)微笑ましいなぁと思っていましたが、
電話している親はそうは思っていないようで、先生が謝っている場面も・・・。

話の全貌を聞いている訳ではないので、あまり言う話ではないと思うのですが、
子供同士の喧嘩に親が出てきて、それを先生に当たるってお門違いだと思いました。

Zoom外に連れて行かれたりしていたことに腹が立ったのかもしれませんけど、
他の子もいる以上、何かしら対策を取らなければ、授業が進みません。

起きたことは仕方ないことだと、親が広い心を持ってあげないといけないと思います。

反面教師と思い、今後に活かしていこうと思った1日でした。

我が子が可愛くても、周りが見えない人間にはなりたくないものですね。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました