スポンサーリンク

個人バランスシートで今の資産と負債のバランスを把握しよう【将来設計】

勉強・資格
スポンサーリンク
Pocket

資産と負債の内訳を把握しよう

こんにちは、ベッティトリオです。

今回は自身の資産と負債のバランスを把握する「個人バランスシート」について
解説していきます。

スポンサーリンク

個人バランスシートとは

簡単に言えば現時点の資産と負債を明らかにしたものです。

イメージ図を以下に添付します。

所謂「貸借対照表」ですね。簿記を知る人には認識のある表だと思います。

結果的に純資産がマイナスになっていますが・・・。

ここでいう「資産」とは現金や預貯金、株式などの積立しているものの他、
売却価値のあるもの(家、車、コモディディ(金とかプラチナとか))を対象
とします。

一方の「負債」は返済中のローンや借金等を対象とします。

そして純資産は「資産」ー「負債」の差分となります。

<記載のポイント>
 資産と負債の合計は時価で記入する。

これって残酷なんですけど、資産価値あって購入金額の大きい家や車って
例外もありますが、購入した瞬間から価値が下がっていくんですよね。

車はまだしも、家は金額が大きいのでこういったバランスシートを記載した場合、
資産<負債」となるケースが大半です・・・。

家の正確な資産価値を記載したいのであれば、専門の業者に見積もりしてもらうのが
いいと思います。現実を知ってショックを受けるかも知れませんけどね・・・。

家の資産価値をザックリ見積もりするのであれば、購入時の半分の価値で設定しておくのが
現実的な数値になると思います。悲しいですけどね・・・。

家を買うっていうのはそれくらいの「覚悟」が必要になることだと思います。

自分ももっと早く気がついていれば・・・とは思いますが、
割り切って頑張って稼いで乗り切ってやります!笑

まだ購入を検討している段階の人、そこまでには至っていない方は
家を買うことのリスクなどをよく検討の上購入してくださいね。
→いつかこの記事も書ければいいかなと思います。

まとめ

今回個人バランスシートを作成することで、資産と負債の内訳が明確になり、
家や車など、流動的な資産価値を知るキッカケになります。

厳しい現実を知ることにもなるかもしれませんが、
目を背けていた部分をしっかり理解することで、変わる未来もあると思います。

自分自身「収入手段を増やさなければならない」と考えるキッカケになったのは
間違いありません。

より良い未来を目指して頑張っていきましょう。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました