スポンサーリンク

【これはすごい】ダイソーの手挽きコーヒーミル(500円)

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

購入経緯

コーヒーを家で嗜むとき、すぐに出来上がるインスタントコーヒーが我が家の主流でした。

コーヒーの飲み方って種類だけでも色々ありますよね。


何も知らない人間からしたら、どれを買えばコーヒー飲めるのかわからなかったり。


自分も最初、豆を買えばコーヒーが出来るもんだと思い込んで失敗した経験があります。


コーヒーの種類、必要なものなどを簡単にまとめたものもありますので、

興味のある方はこちらも見て頂ければと思います。

自宅でコーヒーを作る手法と必要なもの

話をもどしますが、インスタントコーヒーを使っていた最大の理由が

手軽・飲むために必要な道具が不要

ということでした。


しかし、コンビニで挽き立てのコーヒーとかたまに購入しますが、

味に加えて立ち込める香りがまたおいしさを引き立たせていることは知っていたので、

何かキッカケがあれば道具を購入してやってみたいなという思いはありました。


そこで、先日ダイソーでこの商品を見かけて、ついに始めてみようと決意しました!


ダイソーで500円で販売されている手挽きコーヒーミル

購入に至った理由は二つあります。

1.安価な価格
 コーヒーミルって安くても1000円は超えてくるものだと思っていましたが
 まさか500円で購入出来るものがあるとは、驚きでした。

2.コンパクトで場所を取らない
 箱のサイズですが、横8cm☓縦18cm☓奥行き8cmです。
 とてもコンパクトですよね。

 しかも、コーヒーを挽くハンドル(回す部分)が畳むことが出来るので、
 このサイズで収めることが出来るんです。

値段だけでなく、しまうときに場所をとらないコンパクトさがとてもいいと思います。


とはいえ、冒頭に話したとおり、これで挽きたてコーヒーを飲めるわけはないので、

一緒にこれらも合わせて購入しました。

豆から挽いた粉末を抽出するための
受け皿の役割をするものです。

ダイソーで購入したので100円です。(すごい)

この商品はダイソーではなく
別の店で予め購入してたものです。
ダイソーにも売ってるはずです。


これさえあれば挽いたコーヒーが飲めるって訳です。

使ってみた感想

豆のコーヒーも今回はじめて購入したのですが、香りがすごくてビックリしました。

まさしく「なんじゃこりゃ!」って感じです。


しかも手挽きコーヒーミルは粗さの調整も出来るらしく、

500円でそこまで出来るのもすごいなって素直に思いました。

●の大きさで粗さ調節が可能

初めて挽いたコーヒーを飲んだ感想は・・・。

薄い!でした(笑)


これはおそらく自分の挽いた豆の量が少なかっただけだと思います。

これから挽く量を調節しながら美味しいコーヒーが飲めるようになれればいいかなって思います。


こういう試行錯誤してる間が一番楽しかったりするんですよね(笑)


それではまた、アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました