スポンサーリンク

子供の将来に必要な「お金」は万全ですか?【貯金・貯蓄】

勉強・資格
スポンサーリンク
Pocket

備えあれば憂いなしだけど、万が一の時は・・・

こんにちは、ベッティトリオです。

今回は、子供の教育にかかる費用となる「教育資金プランニング」について
解説していきます。

よく言われている「子供1人が成人するまでにかかる費用=2000万」くらいだと言われているのは、聞いたことある方もいらっしゃると思います。

でも、この計算は小中高の私学を考慮していなかったり、大学費用を含んでいなかったり、
進学先によって大きく変わってくる金額になります。(あくまで最低限必要なお金)

我が家にも子供は1人いますが、2000万以上かかるという現実を考えると
既に恐怖を感じています・・・。

こういった子供の教育資金準備の方法には、単純に貯金するだけでなく
様々な制度がありますので、それを知って適切な方法を選択していきましょう。

スポンサーリンク

こども保険(学資保険)

こども保険(学資保険)とは、一般の生命保険会社等が提供しているものになります。

元々こども保険と学資保険の意味は別々だったようなのですが、近年ではどちらの内容も似たり寄ったりのものが多くなり線引きが曖昧となっている為、一つにまとめております。

この保険の特徴は以下の通り。

  • 貯蓄機能がある
    一定金額の保険料を支払えば、満期到来時に満期保険金を受け取れたり、
    入学祝い金を受け取れるものもある。
  • 保証機能がある
    契約者(親)が万が一死亡した場合、以降の保険金支払いが免除される。
    (満期到来時の受け取りももちろん有り)
    ものによっては、保険期間終了まで年金が支払われるものもある。

要するに死亡保証と積立の二段構えが可能な保険ということですね。

積立の部分についても、満額まで支払い続ければ多少利子が上乗せされて返ってくる
保険も多く、通常の貯金よりもメリットが多い商品だと思います。

自分も過去、この保険で積立をしておりました。(今は解約してますが・・・)

教育ローン

教育ローンとは、簡単に言えば使途目的が教育関係に関連するローンを総称して指すものです。

こども保険や貯蓄だけでは賄えずお金が足りない!元々そんなまとまったお金ない!
そういう人たちへの制度ですね。

教育ローンには民間が提供するローンの他にも、
国が提供する「教育一般貸付」というものがあります。

以下リンク
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

特徴を以下にまとめます。

教育一般貸付のポイント

融資限度額:学生1人につき最高350万円
金利:固定金利(条件によって変動するが民間ローンより安め)
返済期間:最長15年
融資元:日本政策金融公庫

教育一般貸付は民間ローンに比べて金利が優遇されていることから、
まずはここから相談してみるのがいいでしょう。

奨学金制度

なんだかんだで教育関連で使うローンでよく聞く名前はこちらではないでしょうか。(自分だけ?)

では、前述した教育ローンとは何が違うのでしょうか?

答えはローンを負担する対象が違います。

教育ローンは主に保護者がローン負担をしますが、奨学金制度は子供本人が負担します。

代表的な奨学金制度は、日本学生支援機構(独立行政法人法人)が行う奨学金制度です。

以下リンク
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shienkubun.html

奨学金には2種類あります。

貸与型

貸与型は、一般的に認識されている返済が必要となるタイプで、
利息の発生しない第1種奨学金利息有の第2種奨学金があります。

当然のことながら、審査基準(※)は第1種奨学金の方が高くなっています。
※審査には本人の学力や家計の収入状況が基準となります。

給付型

給付型は、返済不要の奨学金制度です。

素晴らしい!うちの子供は絶対これしかない!
学費が浮いて助かるわ〜!

そうですね、そうなってくれたら家族が大助かり!
でもそんな世の中甘くありません・・・。

給付型には貸与型以上に求められる条件が高く、
家庭内の環境(親や子供の人数)によって対象有無がある程度決まってしまいます。

細かい内容はとてもわかりづらいので割愛しますが、
気になる方は以下シミュレーターを試してみてください。

奨学金

給付型の支援内容は以下の通り

<支援対象>
 大学・短期大学・高等専門学校・専門学校

<支援内容>
 ①授業料と入学金の減額や免除 ・・・ 主に支援対象側が行う
 ②給付型奨学金の支給 ・・・ 日本学生支援機構が行う

<支援対象となる学生>
 世帯収入や資産の要件を満たし、進学先で学ぶ意欲がある学生

こんな感じになります。

対象になれば、返済不要のタイプなのでかなり楽になることは間違いないと思いますので、
ダメ元で確認して見るのもいいかもしれません。

まとめ

今回は教育資金プランニングについてまとめてみました。

奨学金制度は昔から認識ありましたが、最近は給付型という新しいタイプが出ていたりと、
状況が変わりつつあることがわかりました。

将来設計において、子供の学費はかなり左右されるものなので、使える制度は
有効活用していきたいですね。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました