スポンサーリンク

【盲点】楽天モバイルがオススメな理由は安い(タダ)だけじゃない!?

まとめ
スポンサーリンク
Pocket

楽天が本気でシェア獲得を狙ってます

こんにちは、ベッティトリオです。

今回はFPというよりは、
固定費削減(通信費削減)に大きく貢献できる楽天モバイルへの乗り換えについてです。

スポンサーリンク

これまでの経緯

楽天はモバイル事業参戦時に大手3社との差別化を図るため、
MNO通信で定額2980円(税抜)を売りで始めていました。

加えて政府からの再三の値下げ要請があり大手3社もようやく重たい腰を上げ、
楽天モバイルの値段に近いプラン提供をするようになりました。

これによって皺寄せを受けたのはMVMO業界です。

今まで値段が安いことが売りだった格安スマホですが、
値段があまり差別化出来なくなってしまったことで完全に劣勢の状態です。

2021年3月時点では、MVMOを使用するメリットはごく一部となっています。

そこで、大手3社と楽天モバイルの新しいプランを比較しながら、
格安スマホとの比較もしていきたいと思います。

各社の比較

プラン比較をしてみますが、前提として音声通話ができるタイプで比較しています。

データ量に対する金額と通話料で比較をしてみました。※2021年3月時点情報

同じプランで安いものには黄色に、圧倒的高額なものは灰色にしています。

現時点MNO側が大幅値下げに踏み切ったばかりなので、
MVNO側が値段調整に追いついていない状況だと思います。

今後MVNO側も料金見直しをしていくことになるかと思いますが、
MNOに属する楽天モバイルは既にいろんなパターンに対応出来ています。

これが楽天モバイルをおすすめする一つの理由です。

楽天がモバイル事業に本気の理由

楽天が「楽天モバイル」に本気だと思える理由について解説していきます。

・契約から1年間無料キャンペーンを行っている(4/7で終了)
 →他社でも1年間割引というのは見かけますが、無料となるとインパクトが
  全然違いますよね。終了時期が迫ってますので注意ください。

・データ使用1G未満の料金を「無料」としている(1回線目限定)
 →条件付きにはなりますが、データを1G使わない人の料金が無料になるって
  更にすごいことです。期間付きの無料ではなく、永続的にですからね。
  家族内で使用頻度の低い人だけ楽天モバイルに移行するだけでも
  効果が大きいと思います。

・全ユーザーに合うように使用料に応じた料金設定としている
 →データ消費の少ないユーザーにも多いユーザーにも対応できる段階式の料金設定で、
  上限到達でも2,980円で済みます。
  この金額はMNOの中では一番高い金額ですが、20GBを超えた場合の金額であり、
  それまでは1,980円ですので、同じデータ量ではMNOで最安値です。

・モバイル事業開始以降ポイント還元縮小が増えている
 楽天モバイル導入以降ポイント還元の縮小が様々なところで行われています。
  ①楽天ゴールドカードのSPU倍率変更(4倍→2倍)
  ②楽天でんきのSPU廃止
  ③お買い物マラソンのポイント付与上限減少傾向(10,000P→7,000P)
  ④Rakuten パ・リーグ Special SPU廃止
  ⑤公共料金支払いに対するポイント還元率減少
 
 上記の他にもありますが、こういったポイント還元率の縮小タイミングが
 MNO他社がこぞって格安プランを提示した時期から増えてきています。

 推測の域ではありますが、新しいMNO他社の格安プランに更に対抗するため、
 ポイント還元率を縮小してでも赤字レベルの格安プランを提供しているのだと思います。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

価格的なメリットはもちろん、モバイル事業拡大に力を入れていますので、
楽天モバイルへの乗り換えは通信費削減に大きく貢献できると思います。

申し込みを検討されている方は以下「ご利用の流れ」から確認してみては如何でしょうか。

ご利用の流れ

※申込前に必ず提供エリアの確認を忘れずに!

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました