スポンサーリンク

意外と知らない労災とは?を解説します【簡単解説】

勉強・資格
スポンサーリンク
Pocket

例外もあるので注意!

こんにちは、ベッティトリオです。

今回は会社勤めをしている人たちが対象となる「労災保険」について解説していきます。

労災という言葉はどこかで聞いたことある方もいると思いますが、
具体的にどんな時に使える保険なのかをしっかり理解していない人もいるのでは
ないでしょうか。

それでは、早速いきましょう〜!

スポンサーリンク

労災保険とは

労災保険(正式名称は労働者災害補償保険)は業務上や通勤途上における労働者の病気・ケガ・障害・死亡等に対して給付される制度。

業務上起きた場合は業務災害、通勤途上に起きた場合は通勤災害と呼びます。

通勤災害は、出社・帰路問わず寄り道した場合は通勤とは認められないので注意。

但し、日常生活を送るために必要な寄り道(スーパーへの買い物等)の後に正規ルートに戻った場合は通勤と認められます。

労災保険の対象

労災保険の対象は全ての労働者が該当します。
→正社員・派遣社員・アルバイト・パート・日雇い労働者・外国人労働者など

経営者である社長や役員(取締役)クラスの人員は労災保険の対象外になります。

原則労働者を有する事業所は加入必須となるので、うちの会社が労災ないかも?と心配は不要です。

労災保険の適用を受けない中小事業主及び労働者の側面が強くなる個人タクシー業者や
大工(一人親方)などは特別加入制度として労災保険に任意加入することができます。

労災保険の保険料について

労災保険は保険料率が事業内容ごとに決められています。

保険料負担についても、全額事業主が負担している為、個人負担はありません。

これはありがたいですね。

給付される項目について

労災には次のようなケースで給付が適用されます。

業務災害 通勤災害           主な給付内容
病気・怪我療養補償給付 療養給付療養の給付または費用が支給される
休業補償給付 休業給付休業4日目より給付基礎日額の60%が支給される
病床補償年金 病床年金傷病の状況(等級)によって支給日数が決まる
障 害障害補償給付 障害給付障害の状況(等級)に応じて支給日数が決まる
介 護介護補償給付 介護給付介護の度合いによって支給条件が決まる
死 亡遺族補償給付 遺族給付被保険者と生計を同じくしている遺族人数によって決まる
葬祭料 葬祭給付31.5万+給付基礎日額30日分or給付基礎日額60日分

想定されるトラブルをある程度はカバーできているのが見てわかります。

なお、給付内容を具体的に記載すると、とても見づらくわかりづらくなってしまうため、
簡単な内容のみ記載しております。予めご了承ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

労災は万が一のことが起きた時に保証をしてくれるありがたい制度です。

寄り道をしたせいで条件から外れてしまい給付がもらえない!

なんて事のならないように、気をつけましょう。

特に飲み会でハメを外しすぎて、駅の階段から転げ落ちて怪我しても当然保証対象外です。

仕事が終わったらまっすぐ帰って家族サービスをしましょう!笑

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました