スポンサーリンク

【基本だけど見落としがち】税金について、基礎から学んでみた(種類・納税方法など)

勉強・資格
スポンサーリンク
Pocket

会社員だと、案外見落としがち

こんにちは、ベッティトリオです。

普段、いろんなところで税金が徴収されていると思いますが、

細かい内容を正確に把握してる人は少ないと思います。

今回は税金の種類など、基礎的な部分をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

税金分類について

税金はその性質や納付先などによっていくつか分類されています。

<主な納付先>
  納付先(課税元)は主に国(国税)地方公共団体(地方税)に分類します。

<税金の性質>
 税金の性質としては主に2種類あり、
  ・税金負担車が直接自分で収める税金:直接税
  ・税金を負担する人と納める人が異なる税金:間接税
 があります。

 具体的にはどんなものがあるんでしょう。まとめてみました。

税金直接税間接税
国税所得税・法人税・相続税・贈与税消費税・印紙税・酒税
地方税住民税・事業税・固定資産税地方消費税

 

 <税金の納税方法>

申告納税方式納税者が自分で税額を計算して申告する
→所得税・法人税・相続税など
賦課課税方式国や地方公共団体が税額を計算して納税者に通知する方法
→住民税・固定資産税など
情弱くん
情弱くん

ん?俺会社員だけど、所得税とか自分で計算して申告とかしてないよ?

会社員の場合、会社が代行して申告しているので、
個人が申告してる認識がなくても仕方ないと思います。

しかし、給与をもらったタイミングで所得税等が引かれているのは、
何もしていなくても手続がされている証拠です。

勝手にやってくれることは当然メリットだと思いますが、興味を示さなければ、税金に対する知識を得る機会を損ねている事にもなります。

自分もその1人でした。

例えば、消費税がどのように納税されているかなんて、意識しなきゃ知りませんよね(笑)

まとめ

今回はサクッと主な税金に対しての納税方法、納税先などを説明してみました。

既にお腹いっぱいという人もるかも知れませんが、頭の片隅で見た記憶あるなー程度にでも残って貰えれば十分だと思います。

次回は所得税や住民税などについてもう少し掘り下げて解説して行ければと思ってます。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました