スポンサーリンク

「どく」を強くするポケモンたち【ポケカ】

まとめ関連
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、ベッティトリオです。

最近「どく」を付加するポケモンが増えている傾向があり、

有用性が上がりつつありますので、「どく」をより強く出来るカードを

紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

特殊状態「どく」について

情弱くん
情弱くん

そもそも「どく」ってどういう効果だっけ?

「どく」とは
 ・「どく」を受けたポケモンにどくマーカーを乗せる
 ・ポケモンチェックのタイミングでどくマーカーの乗った
  ポケモンにダメカンを1つ乗せる
 ・自然回復しない(にげたりしてベンチに下がれば回復する)
・他の特殊状態と重複する

主な「どく」の状態は上記の通りです。

 

一見ダメカン一つ乗せるだけって地味に見えるかも知れませんが、

上記クロバットのどくのきばを例にすれば、

わざのダメージ70+ポケモンチェックのどくでダメージ10

=80ダメージとなります。

さらに、相手がバトル場のどく状態のポケモンをそのままにして

ターンを終えた場合、さらにダメカンが一つ乗りますので、

次の自分の番までに相手は90ダメージを負った状態となります。

このため、バトル場のポケモンをベンチに下げるキッカケ

作ることにもつながります。

うまく活用して有利に場面を進めていけるといいですね!

次からは「どく」を強くするカードを紹介していきます。

相手に「どく」を付加できる特性

ポケモンの中には条件が合えば毎ターン「どく」を付加出来るカードが存在します。

ダストダス [ s4a:シャイニースターV ]

・特性で毎ターン相手のバトル場ポケモンを「どく」にできる。
・特性発動条件になるスタジアムはどのデッキにも入っており、条件を突破しやすい。
・1進化であることでベンチに出しやすい

ガラルヤドランV [ sD :スタートデッキ悪 ]

・自身がバトル場にいれば相手のバトルポケモンを「どく」にできる。
・持っているワザも相手をにげれなくさせ、相性が良い。
・たねポケモンであり気軽に「どく」を付加できる。
・にげるエネルギー3つで逃げにくいのがデメリット。

ハリーセン [ s1H:シールド ]

・自身がワザのダメージを受けるだけで相手を「どく」に出来る。
 →時限爆弾的な用途で使える
・自分のターンではなく、相手のターンに「どく」を付加出来るので、
 ポケモンチェック二回分の恩恵がある
・ダメージを受けることがトリガーなので、きぜつを意識する必要がある

「どく」の付加価値を上げるカード

続いては、「どく」にさせることで付加価値をつけるカードを紹介します。

ベトベトン [ s9 :スターバース ]

相手のバトルポケモンを「どく」にするとにげるエネルギーが増え
逃げにくく出来る付加価値がつく

ドクロッグ [ s4a : シャイニースターV ]

「どく」で乗せるダメカンが2個多くなるシンプル且つ強力な特性。
この効果はワザで「どく」の乗せるダメカンを増やした場合でも適用される。

■ドクロック使用例

かがやくヒスイオオニューラ [ s10a : ダークファンタズマ ]

ドクロッグと効果は同じだが、たねポケモンなのですぐに効果の恩恵を受けられる。
ただし、デッキに1種1枚しか入れることができない制限あり。

まとめ

どくを強くするカードとして、2つのタイプが存在しました。

・どくを付加しやすくするカード
・どくに付加価値をつけるカード

どちらもどくをより効果的にするカードが多く、いろんなコンボが想像できますね。

どくでガンガン攻めていくデッキの参考になれば嬉しいです。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました