スポンサーリンク

狙いのカードを自引きするのに必要な金額は◯◯円だった!!【ポケカ】

遊び
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、ベッティトリオです。

今回は目的のカードがあった場合の期待値について計算してみました。

※一般的な収録タイプ(5枚165円、1BOX30パック)のタイプで計算します。

スポンサーリンク

1パックあたりのカード構成について

まずは1パックに封入されているカードの構成について説明します。

パック構成にはいくつか種類があります。まとめると以下表の通り。

パターン封入構成1BOXあたりの
パック数(※)
割合
パターン1:レア無しC:3枚、U:2枚15パック50%
パターン2:RC:3枚、R:1枚、U:1枚8パック27%
パターン3:RRC:3枚、RR:1枚、U:1枚4パック13%
パターン4:RRRC:3枚、RRR:1枚、U:1枚2パック7%
パターン5:SR以上C:3枚、SR以上:1枚、U:1枚1パック3%
1箱合計C:90枚、U:45枚、R:8枚、
RR:4枚、RRR:2枚、SR以上:1枚
30パック
C:コモン、U:アンコモン、R:レア、RR:ダブルレア
RRR:トリプルレア、SR以上:スーパーレア以上(当たり枠)

※一部例外BOXとしてRRが5枚やSR以上が2枚などが存在しますが、
 計算上ややこしくなるため省いています。

こうやって封入割合を見ていくと、バランスよく封入されているのがよくわかります。

1つのシリーズの封入割合

続いて、1つのシリーズのレアランクはどの程度の割合で封入されているのか、

「スターバース」を元に確認してみました。

レアランク種類割合
コモン:C44種類35%
アンコモン:U34種類27%
レア:R10種類8%
ダブルレア:RR8種類6%
トリプルレア:RRR4種類3%
スーパーレア以上:SR以上27種類21%
合計127種類100%

まとめるとよくわかりますが、1BOXに1枚しかないスーパーレア以上のカード種類が

脅威の27種類となっており、コレクター泣かせの仕様となってます・・・。

気がついたらお金がすっからかん、なんてことのないように・・・。

欲しいカードの期待値計算

では、情報が揃ったところでランク別期待値計算結果を以下にまとめます。

ランク封入率種類当選率
(封入率×種類)
目安パック数
(期待値)
金額[小数点切上げ]
(期待値×165円)
C3枚44種類6.8%14.7パック2,426円
U1.5枚34種類4.4%22.7パック3,746円
R0.27枚10種類2.7%37パック6,105円
RR0.13枚8種類1.6%62.5パック10,313円
RRR0.07枚4種類1.6%62.5パック10,313円
SR以上0.03枚27種類0.1%1,000パック165,000円
封入率:1パックあたりに封入されている枚数
当選率:1パックで目的のカードが当たる確率
目安パック数:目的のカードを当てるのに必要なパック数の目安
金額:目的パック数を金額(165円)でかけた金額

衝撃の結果となりましたが、いかがでしょうか・・・w

 

SR以上のあたりカードを狙って出そうとすると、

10万越えの金額が必要とは驚きでした。

クレカでパック買ったりすると後日えらいことになったり・・・。気をつけましょう。

表の使い方をわかりやすくするために、一例を挙げてみます。

目的のカード:アルセウスVSTAR(RRR)
自引き要求金額:10,313円

期待値換算すると、アルセウスVSTARを自引きするためには

1万円以上必要なんですね・・・。すごい金額です。

パックはランダム商品であり、
期待値の金額を使っても確実に手に入るわけではないので注意。
手に入る確率はおよそ66%程度です。

当たるまで使い続けてとんでもない出費にならないように気をつけましょう。

まとめ

今回は目的のカードを自引きするためにはどれくらいの金額が必要になるかという

「期待値」を計算してみました。

 

その結果、トップレアを当てるまでには10万以上の金額を

覚悟しなければいけないことがわかりました。

パックは買う金額を決めて当たらなければシングル購入をするなど

自分なりのルールを持ってやることが一番大事だなと思います。

マイルールを決めて適切なポケカライフを!

私は「今後1シリーズ2BOXまで」をマイルールとして遵守していきたいと思います。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました