スポンサーリンク

【ポケカ】ダメカン乗せるとダメージを与えるの違いって何?【初心者の疑問】

遊び
スポンサーリンク
Pocket

「ダメカン乗せる」はダメージを与えやすい

こんにちは、ベッティトリオです。

久々の投稿となりますが、ポケモンカードの疑問シリーズを書いていきます。

ポケモンカード初心者の私は、カードの効果について疑問に思うことがいくつかあります。

ダメージの与え方について、

「ダメカンを乗せる」「20ダメージ」のように、同じダメージを与える方法で

わざわざ異なった書き方をしているカードがいくつかあります。

上記カードは「20ダメージ」ではなくダメカン2個乗せるという記載です。

スポンサーリンク

なぜわざわざ書き方を分けているのか?

ダメカン1つは10のダメカンをひとつ乗せることを意味します。

ならば、「ダメカンを1つ乗せる」ではなく、「10ダメージ与える」と表記を統一した方がわかりやすいのでは?と思いました。

何故あえて別の表記をしているのでしょうか?

最近になってようやくその理由が分かるようになりました。

表現を変える理由

「ダメカンを乗せる」には、相手の特性などに影響されずに乗せれる事が表現を分けた理由なのだと思います。

具体例を出します。

「ワザのダメージを-30する」という特性を持つカードを相手が持つ場合、「20ダメージ」では相手にダメージを与えられませんが、「ダメカン2個乗せる」であれば、与えることが出来ます。

これを知ってから、なるほどなー!と納得しました。

確実にダメカンをのせることが出来るというのは、なかなか強力だなって思います。

強い分それ以上にもそれ以下にもならない

確実にダメカンを乗せられるという効果は、相手のダメージ修正に影響を受けないことが

わかりましたが、自分のダメージ強化の影響も受けることがありません。

例えば、望遠スコープをポケモンにつけたとしても、「ダメカンを乗せる」効果に

望遠スコープの補正がかかることはありません。

まとめ

「ダメカンを乗せる」という効果について、他の効果・特性などに影響しないことを

ご紹介させて頂きました。

一度にダメカンを10個以上乗せるような強力な効果を持つカードとして、

最近発売されたミュウツーV-UNIONがなんと一度に16個のダメカンを好きなように

置くことが出来ます。

ここまでくると、ベンチポケモンを一掃してしまいかねないパワーを持っていますね。

こういった「ダメカンを乗せる」効果をうまく活用していきながら、

有利に戦局を展開していけるといいですね。

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました