スポンサーリンク

【ポケモンカード】エネルギー指定の方法について

遊び
スポンサーリンク
Pocket

エネルギーにも色々な指定方法があります

こんにちは、ベッティトリオです。

今回はポケモンカードには欠かせない「エネルギーカード」について、

色んなカードを見ていくと細かい指定方法がありましたので、

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

エネルギーカードの指定とは

エネルギーカードの指定というのは、どういうエネルギーを対象としているか?

ということを指します。主な指定方法は以下の通りです。

属性を指定するタイプ

属性を指定するカードはおそらく一番多いと思います。

<サンプルカード>

炎エネルギー1枚を指定したカード

上記カードのように属性のマークが書かれているものは、基本エネルギーを対象とします。

最初自分は特殊エネルギーの炎属性に該当しそうな下記カードも対象になるのかと思っていました。

右上に炎マークが基本エネルギーと同じようについてますし、つけられそうじゃないですか?w

でも、実際は違うみたいです。その理由として

「このカードは、ポケモンについているかぎり、炎エネルギー1個ぶんとしてはたらく。」

という記載がミソのようです。

メラルバのニトロチャージは「自分の山札から炎エネルギーを一枚」を対象としています。

一方でヒート炎エネルギーはポケモンについていないと炎エネルギーにならないことから、

山札にあるヒート炎エネルギーは属性を持たないエネルギーとなり、

ニトロチャージの対象とすることができません。

特殊エネルギーはポケモンにつくことで効果を発するケースが大層なので属性指定のものは、

基本エネルギーを対象にしていると思っておいた方がいいかもですね。

基本エネルギーを指定するタイプ

この記載は一番分かりやすいパターンで認識がブレることはほとんどないと思います。

<サンプルカード>

上記記載は基本エネルギーと指定がありますので、炎・水・草・雷・闘・超・鋼・悪のどれかです。

※妖のエネルギーもありますが、今後妖タイプのカードは導入されないと噂されています。

エネルギーリサイクルでは、基本エネルギーならどの属性でもトラッシュから山札に戻すことができるカードです。

属性は複数選んでも問題ありません。(火のエネルギー2枚と水のエネルギー3枚なども可能)

特殊エネルギーを指定するタイプ

続いて特殊エネルギーを指定するタイプについてです。

こちらは種類が無限にあり、今後もどんどん増えていくエネルギーなので、

エネルギーカードの右上に「特殊エネルギー」と記載されているものが

それだと思ってもらえれば問題ないです。(以下参照)

どんなデッキでも特殊エネルギーはほぼ確実に入っているかと思いますので、

特殊エネルギーを指定するカードはその内容にいつも注目しています(笑)

<サンプルカード>

ダメージ+特殊エネルギーまでトラッシュされるのは結構痛いですよね。

ザマゼンタVのアサルトタックルも同じ効果で結構強いです。

具体的なエネルギー指定のないタイプ

最後にエネルギーであれば全てが対象となる指定の仕方です。

今まで解説した全てのエネルギーが対象となるので、なんでもありってことですね(笑)

上記カードの「トリックステップ」は相手のバトルポケモンについたエネルギーであれば

なんでもいいことから、れんげきエネルギーをれんげき以外のポケモンを付け替えて、

無理矢理トラッシュさせるなんてことも可能です。

あとがき

エネルギーについてまとめてみましたが、エネルギーの指定だけでも様々な方法が

あることに驚きました。

初心者なだけに、「勝手な勘違い」をしているケースもあったりするので、

わからないことがあれば、公式のQ&Aを見てみると参考になることが書かれています。

ご存知ない方は以下にリンクを貼っておきますので、見てみてください。

Q&A(詳細検索) | ポケカ公式
ポケモンカードゲームの遊びかた、商品、イベント情報などをお届けする公式サイト

それではまた、アディオス!

タイトルとURLをコピーしました